ポエム-生命の賛歌(いのちのさんか)

ある朝の神話その06 青い星と赤い星

それはある晴れた朝のことでした。
青い星と赤い星は今日も
おはようのあいさつを交わしました。

二つの星は兄弟でもうずっと長い間
一緒に暮らしていました。

二つの星はよく似ていましたが、ただ
青い星には海も川もあり生物も生息していましたが
赤い星には岩と砂とほんの少しの水分が
あるだけでした。

そのせいか赤い星はいつも青い星をうらやんでいました。
でもその日は青い星が不快な顔をしていました。

「おはよう兄さん、どこか具合でも悪いの?」
赤い星が話しかけました。

「うん、最近どうも気分がほぐれないんだ。
 朝になるとまたやっかいな獣が動き出して
私を食い物にどんどんあばれまわる。
それを思うと嫌になるんだ。」

「でも兄さんは生物をたくさん飼っているので
幸せだといつも言っていたんじゃないか。」

「うん、いままではそうだったけれど、しかし
ここ何百年の間に急にある獣が繁殖して
むちゃくちゃにあばれだしたんだ。
一億年前のやつらよりももっとひどい。」

「それじゃあまたその獣に罰を与えるのかい?」
「うん、それで今迷っているんだ。
罰を与えるのはかわいそうだしなんとか
おとなしくなってほしいんだけれどね。」

青い星の深刻な顔を見て赤い星はその苦しみが
とても大きなものだと知りました。
ある獣の滅亡。青い星はそれを真剣に考えていました。

それはある晴れた朝のほんの小さなできごとでした。

K.M

ある朝の神話

ある朝の神話 その13 「おじいさんと小犬」
ある朝の神話 その12 「北風と牛乳ビン」
ある朝の神話 その11 「火山と赤い雲」
ある朝の神話 その10 「神様と天使」
ある朝の神話 その9 「雪とつらら」
ある朝の神話 その8 「コウモリとすずめ」
ある朝の神話 その7 「にわとりとひよこ」
ある朝の神話 その6 「青い星と赤い星」
ある朝の神話 その5 「朝顔と鈴虫」
ある朝の神話 その4 「もんしろちょうと蛾」
ある朝の神話 その3 「樫の木とセミ」
ある朝の神話 その2 「三日月と金星」
ある朝の神話 その1 「木の葉と露」