ポエム-生命の賛歌(いのちのさんか)

ある朝の神話その08 コウモリとすずめ

それはある晴れた朝のことでした。
まだうすぐらい木立をコウモリは神社の森の
ねぐらへと急いでいました。

ところがようやく神社へとたどりついたところで
思わず木陰から飛び出してきた小さなすずめと
ぶつかりそうになったんです。

驚いたコウモリはすずめに言いました。
「すずめさんどうしたんです。まだくらいのに起きだして。」
すずめは申しわけなさそうになさそうに答えました。

「コウモリさん、どうもすみません。
実は僕はいつもあなたが夜とびまわるのをみて
うらやましく思っていたんです。
暗くて何も見えないのにどうしてあなたは
そんなに上手に飛べるんですか?」

コウモリは笑いながら答えました。
「あなたのいわれることはよくわかります。
でも私のまねはおやめなさい。けがのもとです。
私は飛ぶときはいつも音波を発してそれで
前方に何があるか区別できるんです。
いわば体にレーダー装置みたいなものをもっているわけです。
だから暗い夜でも飛び回ることができるんですよ。
もともと私は夜活動して朝になるとこうして
ねぐらに帰って眠るんです。
あなたは朝起きだして夜に眠るんでしょう。
その点、私とは全く逆の生活をしているわけです。
あなたの気持ちもわかりますが、生き物にはすべて
その生物にあった生き方が必ずあります。
むやみに他のものをまねることはよくない
ことだと思います。
だからあなたも自分の道を着実に歩むことが大切では
ないでしょうか。」

すずめは聞いていてなんだか自分が恥ずかしくなりました。
「コウモリさん、ありがとうございます。
もうけっしてまねなどいたしません。
僕も自分の道を進んでいきます。」
すずめと別れねぐらに帰ったコウモリはほほえみの中
やがて深い眠りにつきました。

それはある晴れた朝のほんの小さなできごとでした。

K.M

ある朝の神話

ある朝の神話 その13 「おじいさんと小犬」
ある朝の神話 その12 「北風と牛乳ビン」
ある朝の神話 その11 「火山と赤い雲」
ある朝の神話 その10 「神様と天使」
ある朝の神話 その9 「雪とつらら」
ある朝の神話 その8 「コウモリとすずめ」
ある朝の神話 その7 「にわとりとひよこ」
ある朝の神話 その6 「青い星と赤い星」
ある朝の神話 その5 「朝顔と鈴虫」
ある朝の神話 その4 「もんしろちょうと蛾」
ある朝の神話 その3 「樫の木とセミ」
ある朝の神話 その2 「三日月と金星」
ある朝の神話 その1 「木の葉と露」