ポエム-生命の賛歌(いのちのさんか)

ある朝の神話その07 にわとりとひよこ

それはある晴れた朝のことでした。
コケコッコー コケコッコー
鶏小屋ではその朝も大きなおんどりが
元気に大声を張り上げていました。

その日はまだ生まれてまもない小さなひよこも
目をさましていました。

ひよこはおんどりにたずねました。
「パパ、パパはどうしていつも朝になると大きな声で
 鳴きだすの?」

おんどりはゆっくりと言って聞かせました。
「いいかね。生き物にはだれにも
持って生まれた使命というものがある。
それは神様からさずけられたものだよ。

私たちにわとりにはすべての生き物に朝がきたことを
知らせる大切な役割がある。
それがどれだか大切なことか考えるだけで
私はうれしくなる。

だからこの使命だけは決して怠ってはいけないんだよ。
おまえも大きくなったらきっとパパの言ってることが
わかる日が来るよ。

生き物にはいろいろな生き方があるけれど少しでも
他の生き物のためになるようなことをしようという考えは
忘れないようにするんだよ。」

「うん、パパわかったよ。僕も大きくなったら
 きっとパパのようなにわとりになるよ。」

おんどりはかわいいひよこを見つめてニッコリ
笑いました。
そうしてまたけたたましく鳴きはじめました。
コケコッコー コケコッコー

それはある晴れた朝のほんの小さなできごとでした。

K.M

ある朝の神話

ある朝の神話 その13 「おじいさんと小犬」
ある朝の神話 その12 「北風と牛乳ビン」
ある朝の神話 その11 「火山と赤い雲」
ある朝の神話 その10 「神様と天使」
ある朝の神話 その9 「雪とつらら」
ある朝の神話 その8 「コウモリとすずめ」
ある朝の神話 その7 「にわとりとひよこ」
ある朝の神話 その6 「青い星と赤い星」
ある朝の神話 その5 「朝顔と鈴虫」
ある朝の神話 その4 「もんしろちょうと蛾」
ある朝の神話 その3 「樫の木とセミ」
ある朝の神話 その2 「三日月と金星」
ある朝の神話 その1 「木の葉と露」