ホーム > ペット火葬、ペット葬儀のQ&A

ペット火葬、ペット葬儀のQ&A

いとしいペットのもしものときにペット火葬、ペット葬儀を行なううえでの疑問や質問にできるだけお応えするコーナーです。

安心できるペット葬儀社、ペット霊園を選ぶにはどうしたらいいですか?

A ペット火葬、葬儀を依頼するペット霊園、ペット葬儀社が心から安心してお任せできるポイントがいくつかあります。
・大きくて名前がよく知れているところ
・近所や友人からの情報で評判のいいところ
・電話などの応対が丁寧で礼儀正しいところ
・ホームページ(URL)でも火葬方法や料金などをきちんと説明してあるところ
・もし、近くて時間の余裕があれば設備や内容を見学に行くこと
尚、「ペット葬儀・霊園ネット」では信用度の高いペット霊園、ペット葬儀社に「安心マーク」を付与しております。
このマークの付いているのは安心してお任せいただけるペット霊園、ペット葬儀社といえます。
ひとつの目安としていただき選定の参考にしていただければと思います。

  

 通常のペット霊園と移動火葬車の違いは何ですか?

A 敷地内に固定の火葬炉、ペットの納骨堂や墓地(お墓)などの施設を持つペット霊園に対して火葬炉を積んだ車で依頼者の自宅まで訪問するのが移動火葬車をもつペット葬儀業者です。
それぞれのメリットはありますが、手軽に自宅近くで火葬して遺骨を返してもらう仕組みが移動火葬車と考えればいいと思います。
最近は、ペット霊園もお迎えのサービスを行なうところが多いので利便性はさほどかわりません。納骨や埋葬もあわせてトータル的に考えると火葬の最初からペット霊園に依頼するという方も多くいます。

  

 ペットの火葬方法にはどんなものがありますか?どう違いますか?

A 通常は合同火葬、個別火葬、立会火葬の3種類となっており選択できるところが多いです。
合同火葬
他の遺体とあわせていっしょに火葬する仕組みで、お骨が交じり合うため返骨はできません。そのまま合同供養塔への埋葬になります。料金は一番安い方法です。
個別火葬
単独でその遺体だけを火葬する方法です。遺体は預けるため立会はできません火葬後は骨壷に入れての返骨や納骨が可能です。
立会火葬
人間の葬儀と同様にご依頼者に火葬、葬儀に立ち会っていただく方法です。骨あげもできるのが普通です。僧侶による読経をしてくれる霊園も多くあります。料金的には一番高い火葬方法です。

                

特別立会火葬
より豪華に葬儀をしたいときに一部の霊園では特別葬を執り行ってくれるところもあります。相談されるといいと思います。

 ペット火葬の料金はどのくらいですか?

A 一般的にペット火葬、ペット葬儀の料金は、ペットの種類と火葬方法によって違ってきます。人の葬儀と比べるとはるかにお安い料金で数千円〜数万円といったところです。
ペットがハムスターや小鳥などの小動物のときは安く、猫、小型犬、中型犬、大型犬と大きくなるに従って火葬料金も高くなります。
また、火葬方法は通常、合同火葬、個別火葬、立会火葬の3種類となっており選択できますが料金も順に高くなります。
料金は基本的に現金一括払いですが、カード払いできるところもあります。

  

あるペット霊園の料金例
猫・・・合同火葬1万円  個別火葬3万円  立会火葬5万円
(お迎え料金、骨壷代などは無料)

ペット霊園、ペット葬儀社によって料金も火葬方法も違うので事前にしっかり確認しておくことが肝要でトラブルを防止する手段です。

  

ペット火葬、ペット葬儀に関する疑問、質問等ございましたら忌憚なくご連絡ください。
お問い合わせはこちら

TOPへ

ペット葬儀・霊園検索

ペットが亡くなったときは

ペット火葬のいろいろ

ペット火葬・葬儀のあとに

twitter