ペット葬儀のいろいろ 樹木葬、お花畑葬

昔はペットは亡くなると庭などに埋めて供養してあげるというのが一般的でした。その後、ペット葬儀は火葬するというのが一般的になっています。
近年、人々の意識の変化に伴い、遺骨、遺灰を海などに散骨するというペットの海洋葬などの風習も少しずつ広がっています。
さらに最近、地球環境の問題もあって、ペットを火葬してお墓にうつす場合、墓石の代わりに樹木や草花を植えるといういわゆる「樹木葬」が一部注目を浴びているようです。

ペット樹木葬

樹木葬とは、1999年以降に登場した新しい葬送の形です。墓石のかわりに樹木や花を植えて墓標とし、遺骨は土にそのまま埋葬します。自然を壊さない墓地として、環境にもやさしいと注目されています。
火葬せずに埋葬して植林だったり、火葬後に墓石+植林だったり、単に植林のみだったりと様式はさまざまでも緑化など地球環境保全につながるということで諸外国でも話題になっていると聞きます。
これは本来、人の骨を山へ散骨するということから発生したようですが、法的な問題もありなかなか一般化しなかったようです。しかし、日本でも近年、樹木葬の墓地がうまれているようです。
近年人だけでなくペットと一緒にという概念のもの、さらにペット専用の樹木葬も行なわれるようになってきました。近い将来葬儀のひとつの形になると思われるのです。すでにペット樹木葬専用の霊園もでてきているようです。
今後さらに大きく広がっていくものと考えられます。

樹木葬、お花畑葬のできるペット霊園