ペット訪問記 第40回

妙法寺附属大蔵動物霊園 東京都世田谷区

東京都世田谷区にある“まわる おおくら大仏”で有名な妙法寺に附属する大蔵動物霊園を訪ねました。
創業15年と比較的新しいペット霊園ですが、しっかりと地元に根を張り、抜群の評判を得ています。

まわる おおくら大仏がシンボル

妙法寺は350年の歴史がある日蓮宗の古刹で、しだれ桜と“まわるおおくら大仏”で有名です。 境内の一角に鎮座する高さ8メートルで8トンもある大仏がなんと毎朝9時と夕刻5時にまわって向きを変え、世界平和と交通安全を祈念するといいます。動物霊園はもちろん、宗派・宗教を問わずどなたでも利用できます。

花の葬儀のペット霊園として評判

大蔵動物霊園の特長のひとつがたいへん多くの生花に包まれた葬儀がおこなわれることです。 白木のお棺と多くの花に包まれて僧侶がおこなうペット葬儀は、あたかも人間の葬儀と見まがうばかりです。

厳かで雰囲気のある施設

東京都心にありながら、その施設はロビー、御仏殿、礼拝堂、納骨堂などおちついて厳かにして実に雰囲気のあるつくりになっています。当霊園で火葬した多くの方が納骨や法要で何度もおいでいただけることでもその価値が伺えます。

リピート率が高く、立会火葬が多い。納骨堂も評判!

大蔵動物霊園はお花の葬儀の評判もあって、立会火葬の割合が多く、リピートや紹介がたいへん多いということです。火葬後に納骨堂を利用する人がきわめて多いのもその対応と雰囲気のすばらしさをあらわしていると思われます。

お寺附属で僧侶が常駐、火葬後の法要も充実

大蔵動物霊園はお寺附属で僧侶常駐の為、法要も充実しています。 初七日、四十九日、百か日、1周忌などの法要や供花を随時受けつけています。 また、毎週土曜2回おこなわれる合同供養やご家族だけの特別法要も多くの方が求められます。 春秋のお彼岸と夏の盂蘭盆会(うらぼんえ)と年3回の大法要祭が執り行われます。

妙法寺附属大蔵動物霊園

名称:妙法寺附属大蔵動物霊園
住所:東京都世田谷区大蔵5-11-8 (地図)
電話番号:03-3417-0020

»訪問記一覧ページへ