<ポエム>
ある朝の神話その7 にわとりとひよこ


それはある晴れた朝のことでした。
コケコッコー コケコッコー
鶏小屋ではその朝も大きなおんどりが
元気に大声を張り上げていました。

その日はまだ生まれてまもない小さなひよこも
目をさましていました。

ひよこはおんどりにたずねました。
「パパ、パパはどうしていつも朝になると大きな声で
 鳴きだすの?」

おんどりはゆっくりと言って聞かせました。
「いいかね。生き物にはだれにも
持って生まれた使命というものがある。
それは神様からさずけられたものだよ。

私たちにわとりにはすべての生き物に朝がきたことを
知らせる大切な役割がある。
それがどれだか大切なことか考えるだけで
私はうれしくなる。

だからこの使命だけは決して怠ってはいけないんだよ。
おまえも大きくなったらきっとパパの言ってることが
わかる日が来るよ。

生き物にはいろいろな生き方があるけれど少しでも
他の生き物のためになるようなことをしようという考えは
忘れないようにするんだよ。」

「うん、パパわかったよ。僕も大きくなったら
 きっとパパのようなにわとりになるよ。」

おんどりはかわいいひよこを見つめてニッコリ
笑いました。
そうしてまたけたたましく鳴きはじめました。
コケコッコー コケコッコー

それはある晴れた朝のほんの小さなできごとでした。

K.M

ポエム-生命の賛歌(いのちのさんか) 一覧へ

TOPへ

ペット葬儀・霊園検索

ペットが亡くなったときは

ペット火葬のいろいろ

ペット火葬・葬儀のあとに

twitter