<ポエム>
ある朝の神話その4 もんしろちょうと蛾


それはある晴れた朝のことでした。
一匹の老いた蛾(が)が街灯にもたれて休んでいました。
そこに小さなもんしろちょうが通りかかったんです。

もんしろちょうは言いました。
「おはよう、蛾さん。
とっても気持ちのいい朝ですね。
僕と遊びませんか?」

蛾は眠い目をこすりながら答えました。
「悪いけれど私は疲れている。今から休もうとしていたところだ。」
もんしろちょうは蛾のそっけない態度に少しがっかりしました。

「蛾さん、どうして今から眠っちゃうの?
今日という日は今始まったばかりなのに。」

蛾はさとすような口調で語りました。
「君と私は姿かたちは似ているがまったく別な生き方をして
いるんだよ。
君は昼間動きまわるけど、私は夜起きて朝になると眠るんだ。
私の一日は終わったばかりだよ。」

驚いて聞きいるちょうに蛾はさらに続けました。
「私は闇に中に一条の光を求めるのが夢なんだ。
君は君で明るく生きなさい。
さあ、夢を求め明日に向かってとんで行きなさい。」

もんしろちょうは蛾の言っていることが少しわかった
気がしました。

「わかりました蛾さん。ありがとうございます。
おかげで新たな希望がわいてきました。」
そういうともんしろちょうは飛び去って行きました。

笑みをたたえたまま蛾はそっと街灯の明かりを見上げました。
うすあかい空にまだひっそりと街灯はついていました。

それはある晴れた朝のほんの小さなできごとでした。

K.M

ポエム-生命の賛歌(いのちのさんか) 一覧へ

TOPへ

ペット葬儀・霊園検索

ペットが亡くなったときは

ペット火葬のいろいろ

ペット火葬・葬儀のあとに

twitter