<ポエム>
ある朝の神話その3 樫の木とセミ


それはある晴れた朝のことでした。
一匹のセミが大きな樫(かし)の木の中腹で声を限りに
鳴いていました。

彼は自分の命がもういくらもないのを知っていました。
でも彼は幸福でした。
なぜって、彼は今までの長く苦しい土の中の生活から
やっと明るく広々とした地上に出られたんですから。

彼はこの幸せがつかのまのものであることがわかっていました。
でも彼は満足でした。
なぜって彼は自分の全力を出し切っているのですから。

そのセミをじっと見守っているものがありました。
それは大きな樫の木です。

セミをいとおしく思った樫の木は話しかけました。
「セミさん、どうしてこんなに朝早くからそんなに一生懸命
鳴いているの?」

セミは大きな樫の木がちっぽけな自分に話しかけるのを驚き、
またうれしく思いました。
「私の命はもうすぐ終わってしまうでしょう。
だからこそ悔いを残さないように全力を尽くしているのです。
いつそのときがきてもいいように。」
そう言ってセミはまたしきりに鳴き始めました。

大きな樫の木は感心してうなずきました。

それから一時間もたったでしょうか。
朝もやはまだゆらゆらとたちこめていました。
そのもやの中をセミは力つきて地上に落下していきました。

あわれなセミのなきがらの上に樫の木は数枚の葉を落として
やりました。
朝もやのせいか樫の木はうっすらとぬれていました。
それはある晴れた朝のほんの小さなできごとでした。


K.M

ポエム-生命の賛歌(いのちのさんか) 一覧へ

TOPへ

ペット葬儀・霊園検索

ペットが亡くなったときは

ペット火葬のいろいろ

ペット火葬・葬儀のあとに

twitter