ペット葬祭の新事業 FCで展開 自動車販売・レンタカーのカーベル

SankeiBiz

2017.9.1

自動車に搭載されたペット用の火葬炉。ダイオキシンなどの有害物質やにおい、煙も出さない
自動車に搭載されたペット用の火葬炉。

 自動車販売・レンタカー事業を手掛けるカーベル(東京都中央区)は10月から、ペット葬祭事業をフランチャイズ(FC)で全国展開する。国内の新車販売台数が低迷し、若者の車離れが止まらないことから、新たな事業の柱として育成する。料金を明瞭化して接客などのサービス水準を引き上げることで、ペット愛好者への認知度を高める。初年度の葬儀受け付けは3000件、2年目には1万件、3年目には2万5000件になるとみている。

 ペット葬祭「ペットの旅立ち」はインターネットか専用フリーダイヤルで受け付ける。予約日時に火葬炉を搭載した自動車で訪問する。納棺して焼香などのセレモニーを執り行ったあと、出棺して火葬する。遺骨は骨壺に収めて覆い袋に包み、飼い主に手渡す。

火葬のみの「旅立ちプラン」、セレモニーも行う「旅立ちセレモニープラン」、手厚いセレモニーと飼い主がお骨上げをする。

「旅立ちプレミアムプラン」の3コースがある。料金は1万2000円から。

ペットを亡くした同社の従業員が葬儀をしようとしたところ、3日間待たされたことを聞いた伊藤一正社長が市場の有望性に注目。移動火葬車を活用するため、自社の自動車事業との親和性も高く、参入を決めた。

国民生活センターによると、既存のペット葬祭の利用者は業者に対し、「法外な料金を請求された」「ペットに哀悼の意を表さない」といった不満を抱いているという。そこで同社ではペット葬儀事業責任者に、民間資格である動物葬祭ディレクターを取得させた。また、担当者には3日間の研修を義務づけている。マニュアルも作成し、制服と名札も着用する。「人間と同じように丁重に送る」ことをコンセプトに運営。利用者のアンケートによると99%が満足感を示している。

 昨年6月から東京本社で試験的に運用を始め、4月から自社の自動車販売・レンタカー店の一部で展開を開始。これまでに12拠点で営業している。今後は葬儀社、運送業、ペットショップ、ペット病院などに対し、FC加盟を働きかけ本格的な全国展開に乗り出す。1年後には50店、2年後は100店の展開を目指す。伊藤社長は「店舗運営で培った丁寧な接客と心のこもったサービスで、ペット葬儀業界の地位を向上させたい」と話している。

エンディング産業展2017開催!

葬儀・埋葬・供養などの一大イベントエンディング産業展が東京ビッグサイトで開催されました。(期間:2017年8月23日~25日)

人の葬儀とペット葬儀がいっしょになっていますが、今年は300社以上の有力企業が一堂に出展し、NHKや各新聞など多くのマスコミにも取り上げられたいへんな盛り上がりを見せています。

ペット葬儀業界からは一般社団法人日本動物葬儀霊園協会、火葬炉メーカーのサントイはじめ多くのペットメモリアルグッズの企業が参加されています。

 

イオンペット㈱がペット葬儀に参入!

イオンペット株式会社が8月1日からペット葬儀に新規参入しました。

イオングループではイオンライフ株式会社が数年前から全国のいくつかのペット霊園と提携して取次業務を行っていますが、それとは別に独自に同じようなやり方でスタートしました。

 メモリアルナビ  https://www.aeonpet-memorial.com/

ひとまず首都圏と九州の数ペット霊園と提携で火葬受付を始めましたが、近い将来全国に広げて、ペット火葬、ペット葬儀を取り次ぎ、提携のペット霊園を案内するポータルサイトのようです。

また、同時に自社のペット霊園建設やM&Aもすすめるということでペット葬儀の業界にも大きな風が吹くことも考えられます。

 

ひらかた動物霊園が社会的貢献!

2017年1月、大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」が突然閉園し、遺骨などが放置されている問題で、5kmほど離れた同じ枚方市の別のペット霊園である「ひらかた動物霊園」が献身的なフォローをしており、多くの遺骨の受け入れを表明し、現在そのための新しい合同供養塔も建設中です。

このひらかた動物霊園は30年余りの歴史がある大阪でも老舗であり全国的にも名前の知られたペット霊園です。一般社団法人全国ペット霊園協会の理事、監査をされている霊園でもあります。

被害にあわれている方のいたたまれぬ思いを察し、できる限りのことをと本来は行政が行うのが自然と思われるたいへんな努力、社会的な貢献をされています。

思いお悩みの方は「ひらかた動物霊園」にご相談なさるといいと思います。

ひらかた動物霊園 中澤
info@doubutureien.com
072-807-3889

宝塔からのご遺骨受け入れについて(5/29更新分)

 

福岡市に新しいペット葬儀社~「清蓮ジャパンペットメモリアル」誕生

2017年6月、福岡県福岡市南区に新しいペット葬儀社「清蓮ジャパンペットメモリアル」が誕生しました。

清蓮ジャパンペットメモリアル http://seiren-pet.com/

移動火葬車での営業で20kgまで対応可能です。20kg以上の大型犬は福岡市、および近郊のペット霊園とも提携して、納骨もできます。

親会社は株式会社雄信交通で運転代行が主な業務です。

福岡市には愛情ペットセレモニーという評判のいい移動火葬業者もあります。

業者間の競争が激しくなりますが、お客様にとっては選択肢がふえるということでいい方向に向かうと思われます。

一般社団法人日本動物葬儀霊園協会 総会開催

2017年6月7日東京都千代田区平河町の都市センターホテルにて一般社団法人日本動物葬儀霊園協会の総会が開催されました。 全国から60数名の会員、ペット霊園、ペット葬儀社のオーナー、責任者が集まり、研修会、総会、懇親会が催されました。

顧問の参議院議員橋本聖子先生が参加され挨拶されていました。 同協会では会員も増え、検定試験の認知度もあがって受験者も増えているといいます。

 

東京都足立区の新規ペット霊園 プレア東京

東京都足立区平野に今年2月にオープンした新しいペット霊園 ペットセレモニープレアには大型の火葬をが3基あり、小動物から70kgまでの超特大犬までペット火葬ができます。

広い駐車場にゆったりとした待合室、霊苑室、納骨堂や供養塔も充実しています。近隣の方はぜひ一度訪ねてみるといいと思います。

ペットセレモニー プレア東京

長野の果樹園の評判のペットの「樹下埋葬」

長野県長野市のJR長野駅から車で30分余りの山間の果樹園に評判のペットの「樹下埋葬」(樹木葬)があります。

絆メモリアル 感謝の苑

眼下に千曲川、遠くに高社(たかやしろ)山や志賀高原を望む風光明媚な抜群のロケーションで梅やりんごの木のもとにペットの遺骨を埋葬します。

「自然のいのちは自然に還そう」という代表の考え方と人柄に多くの人が魅了されてきました。

近隣に善光寺をはじめ有名な観光地があることもあり、評判を聞いて長野市だけでなく東京、神奈川など首都圏からもこの1年で20名余りがペットの埋葬、供養に訪れているそうです。

もちろんペット火葬、ペット葬儀も取り扱っています。

お問い合わせ:

一般社団法人アプリシエイション

TEL:0120-419-489

<近郊の主な観光地>

有名な善光寺も近くにあります

小布施町のしだれ桜

美しい小布施町の河川敷

唱歌「ふるさと」で有名な作詞家高野辰之記念館

「春の小川」「春が来た」の作曲家中山晋平祈念館

江戸時代の俳諧師小林一茶の生家

沖縄の情報誌にワンニャンメモリアル掲載される

沖縄の経済情報誌「ベンチャースタジオ」vol.49 2017 springに沖縄県那覇市のペット霊園「ワンニャンメモリアル」が取り上げられました。

ワンニャン・メモリアルは那覇市壷川の丁寧で優しくきれいなペット霊園です。(ゆいレール壷川駅徒歩5分)

今回は“OKINAWA発ペットビジネス~1兆円市場への挑戦”という特集記事の一環として沖縄県のペットビジネスの一環としてペット葬儀関連では唯一掲載されています。

嘉数代表の「焼却処理から火葬供養へ」という言葉が重いですね。ペットに対する愛情、社会的見方が変わってきている証ですね。

ベンチャースタジオ ワンニャンメモリアル(PDF)

沖縄県のペット火葬事情について

沖縄県豊見城市のペット葬儀ピクシーワンの新城社長に沖縄県のペット火葬の状況についてお聞きしました。

ペット葬儀ピクシーワンは那覇空港から車で15分余り、那覇市と豊見城市の市境の県道62号沿いにある創業17年余りの沖縄では中堅のペット霊園です。

(ピクシーワンの納骨堂は中の見える扉付きです。お問い合わせ⇒  ペット葬儀ピクシーワン TEL:098-851-2040)

沖縄県の人口は約140万人、犬の登録数は6万8千頭余りで人口100人あたりの犬の登録数は4.91匹(一般社団法人ペットフード協会)。

これは全国平均よりは低いが、青森県や奈良県などとさほど違いはないといわれます。

ところで、沖縄県の主要ペット霊園の数は8個。ほかに自治体や移動火葬車も動いているようですのでペット霊園じたいの経営は決して楽ではないようです。

「沖縄はペットの納骨、埋葬という意識が本土に比べてまだまだ低いです。」と新城社長はいわれます。

また、「合同火葬も多く、ペット火葬にかける金額も低いです。」というお話でした。

「ペットは尊い家族の一員である」という社会的意識はここ10年来日本全国に浸透してきており、ペットは死後火葬するのはあたりまえです、といった風潮は全国的に固まりつつあるといえます。

しかし、ペット火葬後に納骨して供養するといった一連の流れはまだまだ発展途上ではないでしょうか。

一方、ペットを亡くした喪失感、ペットロスは大きな社会問題になりつつあるのもまた現実です。

ペットも人と同じようにきちんと火葬、納骨、埋葬して供養するという当然の流れが自然になるという文化をわれわれはもっともっと広め、作っていく必要があるとあらためて実感しました。

今後、ペットの数が減っていくといわれますがわれわれはペット火葬、葬儀、納骨、供養という文化づくりによりちからをいれないといけませんねとペット葬儀ピクシーワンの皆様と誓い合いました。